超塑性研究会
トップページ 超塑性研究会について 会員リスト 過去の研究会一覧


超塑性研究会について

出版物

定款

幹事会

歴代会長



超塑性研究会定款
第1章 総則
第1条 本会は超塑性研究会(英文名The Japan Society for Research on Superplasticity, 略称JSRS)と称する。この定款では以下、「本会」と称する。
第2条 本会は事務所を関東地区におく。
第2章 目的及び事業
第3条 本会は超塑性現象及びその工業的利用開発に関する調査研究を行い、学問、技術の発展を推進することを目的とする。
第4条 本会は前条の目的を達成するために次の事業を行う。
1)研究発表会、講演会、講習会及び見学会などの開催。
2)年1回の研究報告書の発行。
3)関係学協会、工業会、官庁との連絡及び協力。
4)超塑性に関する理論及び技術の調査研究及び情報交換。
5)その他、目的を達成するために必要な事業。
第3章 会員
第5条 本会の会員は次のとおりとする。
1)法人会員:本会の目的に賛同し、別に定める年会費を納める法人
2)個人会員:学識経験を有志、本会の目的に賛同し、別に定める年会費を納める個人。
3)学生会員:本会の目的に賛同し、別に定める年会費を納める大学生または大学院生および大学に準ずる学校に在学する学生で個人会員あるいは法人会員が推薦する者。
第6条 入会にあたっては入会申込書を提出し、運営委員会の承認を得るものとする。
第7条 会員は本会の事業のすべてに参加することができる。
第8条 退会にあたっては退会届を提出し、運営委員会の承認を得るものとする。
 第9条 会員が次の各号のいずれかに該当する場合には、運営委員会の決議によって当該会員を除名することができる。
1)この定款に違反したとき。
2)本会の名誉を傷つけ、又は目的に違反する行為をしたとき。
3)その他の除名すべき正当な事由があるとき。
第4章 運営
第10条 本会に、次の役員をおく。役員は会員の互選による。
1)幹事 10名以内(会長 1名、副会長 1名、監事 2名を含む)。
2)運営委員 30名以内(幹事を含む)。
2 本会には運営委員会の推薦により、次の役員をおくことがある。
  顧問 若干名
第11条 本会の基本的運営は、幹事による幹事会が行う。
第12条 会長の任期は2年とする。ただし、再任は防げない。
第13条 運営委員からなる運営委員会は、幹事会の提案事項を審議し、決議する。
2 運営委員会は、原則として研究発表会毎に開催する。
3 顧問は、運営委員会に参加できるが、議決権を有さない。
第5章 会計
第14条 本会の経費は、会費、事業に伴う収入、その他の収入による。
第15条 本会の会計年度は毎年4月1日に始まり、翌年3月31日に終わる。
第16条 本会の事業計画、予算は会計年度毎に幹事会において作成し、運営委員会の過半数の賛同を得なければならない。
第17条 本会の収支決算は毎会計年度の終了後、3ヶ月以内に運営委員会が作成し、運営委員会の過半数の承認を得なければならない。
第6章 定款の変更ならびに解散
第18条 この定款の改正は、運営委員会において全出席者の3/4以上の議決を得なければならない。
第19条 本会の解散は、運営委員会において3/4以上の議決を経、かつ全会員の過半数の賛同を得なければならない。
第7章 補則
第20条 この定款施行についての細則は運営委員会の議決を経、別に定める。
附則 1. 本会の事務所は、首都大学東京システムデザイン学部航空宇宙システム工学コース内(担当:北薗 幸一)におく。
   住 所:〒191-0065 東京都日野市旭が丘6-6
   TEL:042-585-8679
   E-mail: kitazono@tmu.ac.jp
   URL: http://superplasticity.jp

   超塑性研究会の銀行口座
     銀 行:三井住友銀行 日野支店
     口座名:超塑性研究会
     番 号:7406911(普通口座)
2. 本会の会費は下記のとおりとする。
     法人会員会費   一口50千円
     個人会員会費      5千円
     学生会員会費      1千円
3. この定款は平成28年4月1日から施行する。 (平成27年度に定款の一部を変更)
入会案内 超塑性に関する規格


Copyright (C) 2008 JSRS All Rights Reserved.